« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

HAWAII日記 ④

2005年6月6日(月)、ハワイ滞在4日目(というか最終日)です!

飛行機の時間は遅いし、レンタカーは昨日のうちに返却したので朝はゆっくりしようと思っていたのですが、荷物を8時15分に取りに来るというので・・この日も無理やり早起きをしました。

「早起きは3文の得」と言うけれども・・眠い。でも最終日だし、飛行機で寝ればいいので気合いで散歩に出掛けました。今までホテルよりもダイヤモンドヘッド方向には歩いてなかったので行ってみることにしました。いざ外に出て歩き出すと気持ちが良くて元気になりました。

まずはワイキキ・ビーチの「デューク・カハナモク像」のご挨拶をしました。

5


そして「カピオラニ・パーク」まで行き、ベンチに座りのんびりしました。とても穏やかな贅沢な時間を過ごすことができました。(やっぱり早起きは3文の得かな?)ジョギングをしている人や散歩している人などさまざまな人達がいました。ハワイは大きい人が多いですね・・。

11


しばらくのんびりしてからモーニングコーヒーを求めて「Maries Organic Cafe(マリーズ・オーガニック・カフェ)」へ行きました。フリーペーパーには朝10時~となっていたのに行ってみると11時~のようで・・チ~ン。ラップサンド食べたかったよ~。

私はコーヒーが飲みたい!友達は朝食が食べたい!もう歩きたくない!と思っていたら、ずぐ近くに「PLANET HOLLYWOOD(プラネット ハリウッド)」があり、ちょっとヘビーかな?とも思ったのですが、外のテラスでアイスティーとシュリンプサンドを頂きました。

16


それから約1時間の間に「88Tees」でTシャツやサンダルを、「ティファニー」でキーホルダーを、「ABCストア」でチョコレートやアルバム・ハンドクリームなどのお土産を購入しました。

そして急いで集合場所のホテル「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」へ向かいました。時間ギリギリセーフ!
そこからバスに揺られてホノルル空港へ。

飛行機の座席が友達とバラバラになってしまっていたようで、ガイドさんがチェックインカウンターで変更してました。リクエストを聞いてくれて、前に座席のない窓側になりました。ラッキー!

手荷物検査をして(やっぱりハワイは厳しいな~)ターミナルへ。改装工事をしていて何だかお店が少なかったです。しかも私達の飛行機がラストなのかお店がどんどん閉まっていきました。
残ったドルでアイスクリームを食べ、搭乗を待ちました。

14時10分発、JALウェイズJO083便で飛び立ちました。せっかくの窓側で離陸の景色を楽しもうと思っていたのですが・・ZZZ。
今回もまた食事もせずに寝ていました・・。でも途中で目覚めて軽食(冷しうどん)は頂きました。
飛行機の窓から眺める空は青の色が濃くて、とてもきれいでした。

6


そして何と日本の上空に差し掛かったところで、雲の上から頭を出している富士山を見ることができました。これにはかなり感動をしました。さすが富士は日本一の山ですね・・。

そしてセントレアが見えてきました。空港が混んでいたのか?ちょっと旋回をしてから着陸しました。
無事に帰国です!嬉しいようなさみしいような・・。

23


また行くからね~!!


帰りの名鉄電車から「常滑競艇」が見えました!まだ一度も競艇というものをやったことがないのですが、思っていたよりも競艇場が広くてビックリしました。迫力がありそうで面白そうなので是非やってみたいな~と思いました。

24

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 29, 2005

HAWAII日記 ③

2005年6月5日(日)、ハワイ滞在3日目です!

この日はレンタカーを借りてドライブをしました!
レンタカーショップまでの送迎の時間が決まっていたのでこの日も無理やり早起きをしました。

8時にホテルまで迎えにきてもらい、ナショナルレンタカーのパーキングまで送ってもらいました。受付けを済ませ車に乗り込みました。最初は友達が運転手で私はナビを担当して出発で~す!

17


最初の目的地まではカラカウア大通りを通って行く予定だったのですが、この日は日曜日で「サンデー ブランチ&エンターテインメント」が行われていて通行止めだったので違うルートで行くことにしました。

運河沿いに行けばいいから簡単だろうと思っていたのですが、甘かった・・。いきなりどこを走っているのか?どっちの方角を向いているのか?全くわからなくなってしまったのです・・。
それでもどうにか辿り着くことができました。 よかった~!

が、今度は車のキーが抜けずオロオロしてしまいました。近くにいた現地の人をつかまえて通じない言葉で一生懸命に助けを求め、どうにか抜くことができました。(ただ余分に回し過ぎていただけだったのですが・・あせってしまいました。)

で、辿り着いたのは「レインボー・ドライブイン」です!ここのロコ・モコが美味しいと聞いていたので絶対に食べたかったのです。さっそく朝食に頂きました。普段あまり朝食は食べないのですが、とても美味しくてガッツリ頂きました。

18


次にドライブインから5分ぐらいのダイヤモンドヘッドのふもとにある「グロリア・ガーデン・チャペル」という教会に行きました。
ちょうど結婚式をしていたので教会の中に入ることはできなかったのですが、外観は白を基調にしていてとってもきれいでした♪緑の屋根も可愛かったです♪ハワイの日差しにとっても映えていました。

19


それからハイウェイに乗り、ハナウマ・ベイの方へ向かいました。この辺りの海岸線は本当にきれいで何度通っても幸せな気分になります。

20


サンディ・ビーチではサーフィンやボディーボードをやっている人達がたくさんいました。

19


カラニアナオレ・ハイウェイという72号線をドライブしながらカイルア・ビーチへ!

このビーチはパブリック・ビーチで「カイルア・ビーチ・パーク」という公園になっていて駐車場やトイレ・シャワーもあり、バーベキューをやっている人達もいました。
このビーチの特徴は何と言っても白い砂。オアフ島の他のビーチに比べてもパウダーのように砂が細かく真っ白で、海の色も格別きれいなエメラルドグリーンをしています。

13


それからすぐお隣のラニカイ・ビーチへ行きました!

このビーチは閑静な住宅街にあるプライベート・ビーチで「天国の海」と呼ばれています。
一歩通行の道を山側から回り込み、家と家の間の細い脇道を通り抜けるとビーチに辿り着きます。

14


脇道を抜けると突然目の前に絵に描いたような景色が一面に広がります。何度見てもこの瞬間が一番感動的ですね。
カイルア・ビーチ同様に白い砂浜、エメラルドグリーンの海なのですが、ここは人が少なく幻想的な雰囲気があります。
沖にはモクルアアイランドという2つの無人島がありラニカイのシンボルとなっています。この島の存在がより一層ラニカイの魅力を引き上げていると思います。

15


私達は何をするわけでもなくビーチで30分ぐらいボーっとしてしまいました。
(寝ている人も・・。)

27

このままずっとこの場所にいたかったのですが、そういうわけにもいかず後ろ髪を引かれながら出発しました。


ここからは私の運転です!

ハワイで初めての運転で緊張しながら何度も「右側を走る!右側を走る!」と自分に言い聞かせながら運転しました。かなり右の方に寄ってしまうようで何度かぶつかりそうだったみたいです・・。

次の目的地はカネオヘの街にあるゲストハウスです!

61号線から1回右折をして83号線に行くだけなので楽勝と思っていたのですが・・。
しばらく走ると大きな右に行く分岐点が現れたので「ここ右かな~?」と助手席の友達に尋ねると「えっ?まだ先じゃな~い? いや、ここだ~!」
が、すでに通り過ぎてしまいました。他に曲がれる道も、Uターンできるところもないまま車はどんどん道を登って行き、ヌアヌパリの展望台の方へ向かいました。
せっかくなので寄って行こうかとも思いましたが、また次回ということで通過すると、今度はどんどん下って行き、ダウンタウンに向かっていました。このままじゃヤバイと思っていたら信号のある交差点が現れ、無事にUターンをすることができました。


そして目的地に向かったのですが、あるのは1枚の手書きの地図のみ。しかも私達が来た方向とは違う方向からの行き方しかありません・・。
というかこのゲストハウスが何なのかも知らされないままハワイにやって来たのです。
近くを通るので探してみることにしたのですが、半分以上辿り着けたらラッキーという宝探しの気分で挑みました。

やった~!発見です!(諦めないでよかった・・。)

宝物を発見したかのように嬉しかったのです。そのゲストハウスは海に面した高台にあって立派でとても広そうでした。しかし大きな門があり、もちろん開いてはいなくて、誰もいなくて・・。

7

謎を残したまま立ち去りました。


帰国してから聞いたところ、知り合いのウエディング会社のゲストハウスで、今後私達も利用してもいいということで紹介してくれたようです。
是非、次回は利用したいものですね!道もバッチリだし・・。


ここからは海岸線のカメハメハ・ハイウェイをひたすら北上します!

地図で見てわかってはいたのですが、本当に海のすぐ横に道があり素晴らしい景色がずっと続いていて快適なドライブをすることができました。
軽快に走っていると会話がなくなったので助手席を見てみると、ZZZ・・・。 きゃあ~!!
こんな気持ちのいいドライブなのに~。気持ちがいいから寝たのかな?
道も1本道で迷うこともなさそうなのでいいのですが、どの辺りを走ってるのかがわからなくて私も眠たくなってしまいました・・。
しばらくして友達が何もなかったかのように目覚めてました。(バレてるよ~!)

カフクの街にを走っていると、右側にガイドブックなどで見たことのある落書きがいっぱいのワゴン車が目に入りました。
通り過ぎてしまったのですがUターンをして行ってみると、ハレイワにあるはずの「GIOVANNI’S(ジョバニー二)」のシュリンプ・ワゴンがありました。

25


大きなお皿にガーリック味のエビが10匹ぐらいとライスが乗っていて120ドルぐらいだったかな?となりの外人さんはエビの殻をむいて食べていたのですが、手が大変なことになりそうだったので私達は殻ごと美味しく頂きました。
一緒に丸ごとのココナッツ・ジュースを頂いたのですが、まずかった~。

26


ここで運転手交代です!

オアフ島の最北点を通過してノース・ショアの方へ!そして辿りついたのはサンセット・ビーチです!
その名のとおりサンセットで有名なビーチですが、私達が行ったのは14時半ぐらいだったので太陽の日差しがサンサンと降り注いでいてサンセットとはほど遠かったです。それでも水平線が一面に広がり色がとても鮮やかで気持ちがよかったです。
こっちの方の海の色は濃いブルーで、カイルア・ビーチやラニカイ・ビーチとは全く違う色をしていました。

1


サンセット・ビーチを後にして走っていると、どんどん車や人が増えてきて賑やかになってきました。この辺りはサーフィンで有名な地域で、冬になると3mを越すビッグウェーブが押し寄せてサーフィン見物ができるそうです。

そしてノース・ショア最大のハレイワの街にある「KUA AINA(クア・アイナ)」の本店でアボガド・バーガーを頂きました。3分の1サイズでもかなり大きくて食べるのが大変でしたが、とっ~ても美味しかったです。

9


ハレイワの街はとても活気があり、マウイ島のラハイナの街に似ているな~と思いました。賑やかな空気がとても好きです!


そしてロータリーで戸惑いながら99号線に入り、ワヒアワまでは赤土のパイナップル畑の道を走ります。まっすぐな1本道が続き、とても広大な景色が広がってます。どことなく北海道に似ているな~と思いながらドライブを楽しみました。

2


ハイウェイのH-2に乗り、目指すは「ワイケレ・ショッピングセンター」です!

ここが一番心配だったのよね~・・案の定ハイウェイの降りたい出口では降りられず・・。本当はH-2からH-1西行きに入り7番出口で降りたかったのですが(H-2からH-1西行きには1度出口を出て入り直すようです。)出口を出てはいけないと思い走っていたらジャンクションを過ぎてH-1の東行きを走っていました。

これはいけないと思い次の10番出口から出たのですが・・。

方向さえわかっていればどうにかなると思っていたのですが・・。

本日2度目のどうしていいかわからない状態・・。


太陽を見て方向を確認しながら走り、目印のパイワ通りが現れ、17時に無事(?)到着!

3

この日は日曜日で閉店が18時だったので1時間だけショッピングをしました。とても広くて1時間では回りきれないのですが、疲れていた私達にはちょうどよかったです。
前日とかにワイキキで購入したものと同じものが安く販売されていたのでショックでした・・。しまった・・。


レンタカーが24時間レンタルで、翌日の朝8時までに返却すればいいので(レンタカー屋さんが19時半まででワイキキにそんなに早く戻って来れないと思っていた。)翌日早起きをして返却しようと思っていたのですが、何だか間に合いそうということでレンタカー屋さんを目指しました。

ハイウェイH-1を快調に進み、23番出口からワイキキ方面へ。(22番出口では降りてはいけないと何かに書いてあったのでその通りにしてみました。)そして思ったよりも早く19時過ぎに無事に返却!


ホテルまで送迎してもらい、一旦休憩しました。
早いもので最後の夜です・・。せっかくなので持参したワンピースに着替えて出掛けることにしてみました。


本当は「まぐろや」という和食のお店に行こうと思っていたのですが、車を返却してしまったので近くのお店に行くことにしました。
その前に(いつでも行けると思っていたが、行けていない・・)D・F・Sに行ってお土産などを見に行きました。

29


そしてどこのお店にしようかカラカウア大通りなどを彷徨いながら「ハレクラニ」や「シェラトン・ワイキキ」などを探索してみました。

お店もなかなか決まらずホテルの方に戻り、結局毎日賑やかで気になっていた隣のホテルの「アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ」の1階にある「チーズケーキ・ファクトリー」に行ったのですが、22時を過ぎているというのに満席で15分待ちでした。
お店はオープンテラスになっているのですが店内も広く、生バンドが演奏していました。
日本食が恋しくなっていたはずなのですが、多国籍なメニューがたくさんあり食べたいものばかりで迷ってしまいました。
そしてサーモンの春巻きとタイ風チキンのパスタを頂きました!

10

今までの傾向としてボリュームがすごいのでは?と心配していたのですが、そうでもなくちょうど良かったです。しかもパスタは私の大好きなゴマのソースでとても美味しかったです。


それからホテルに戻り、プールサイドの「The Beach Bar(ビーチ・バー)」へ行きました!

そしてカウンターに座ってアイス・ココ・コーヒーを頂きました。とても美味しくて、雰囲気も良くて最高の気分でした。

36

ずっとこのままでいれたらいいのにな~・・。時間よ止まれ~!って感じでした。

ほろ酔い気分で部屋に戻りって最後の夜を楽しもうと思っていたのですが、ベッドへ直行しました・・。

おやすみなさ~い!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 28, 2005

HAWAII日記 ②

2005年6月4日(土)、ハワイ滞在2日目です!

この日は朝からスキューバダイビングのオプションを申し込んであったので無理やり早起きをしました。

8時20分にホテルまで送迎の人が迎えに来てくれて、まずはハワイ・カイにある事務所へ。そこから他の人も合流して車も乗り換えてダイビングスポットへ行きました。
運転手は日本語の上手なアメリカ人で、車内でダイビングの基礎的なことを学びました。

到着したのはシーライフパークの少し先のビーチです。
10人ぐらいの日本人が参加していたのですが、ほとんどが50歳ぐらいのおばさまでビックリしました。

ウェットスーツに着替え、足ヒレが渡され、腰に重りを巻かれました。私はサイズがなかったようで子供用を使用しました。酸素ボンベを背負い海へと向かったのですが、重かった・・。

始めは酸素ボンベをくわえ顔を水につけて口で息をする練習です!
今回で2度目のダイビングなのですが、前回はパニックを起こしてしまいなかなか息ができず苦しくなって大変だったのですが・・今回もやっぱりなかなか息ができず怖くなってきて「もう帰りたい!」とまで思ったのですが、前回同様しばらくしたら落ち着き普通に呼吸ができるようになりました。

今回初めてダイビングをする友達も苦戦したようで目が合うと真顔で「もうイヤだ!帰りた~い!」と訴えているようでした・・が、無事に呼吸ができるようになりました。
ただ一緒のグループになった親子のお母さんが心臓がバクバクするということで断念をしてしまいました。

いよいよ海にダイビングです!
酸素のマスクをくわえ、友達としっかり手をつないで泳ぎ出しました。耳抜きをしながらちょっとずつ潜っていきます。
最初のパニックが嘘のように普通に快適に進んで行きます。
しばらく行くと餌付けスポットなのかカラフルな熱帯魚達がいっぱい集まってきました。餌を持っているとすぐ近くまで寄ってきて餌をつつきます。思わずつかもうとしてしまいました・・。(無理でしたが・・。)

5

ビデオを撮るので岩をつかんでその場にいてくれと言われたのですが、体が浮いて手が岩から離れてどっか行っちゃいそうで必死でした・・。

今回は潜ったといっても陸から海に入って行ったのでそんなに深くまで潜ってはいないです・・。5mぐらいなのかな~?
色もブルーとかエメラルドグリーンではなくて白っぽかったですね・・。でもニモちゃん(カクレクマノミ)に会えたので嬉しかったです!

3


前回潜ったのもハワイなのですが、船で沖まで行ってロープを伝って海の底の方まで10mぐらい潜ってウミガメと遭遇したりしたので今回はちょっと物足りない感じがしました・・。

以前オーストラリアのケアンズのグレートバリアリーフにあるグリーン島(グリーンアイランド)に行き、船で沖に出てシュノーケリングをしたときに見た海や珊瑚や熱帯魚などが色鮮やかでと~ってもきれいだったので、次回は是非そういう海をスキューバダイビングで潜ってみたいな~と思いました。

4

沖縄がきれいだという噂なので沖縄もいいな~。石垣島とかがきれいなのかな?


12時ごろにはホテルに戻り、シャワーを浴びてちょっと休憩をしてからダウンタウンの方へ出掛けました。

「ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター」の横から「ワイキキ・トロリー」で向かったのですが、想像以上に振動がすごくて、セットした髪も一瞬のうちに崩れてしまいました・・。
それでも景色を楽しみながら進んで行きました。(友達は寝ていました。)

約15分で「アラモアナ・ショッピングセンター」に到着しました。ショッピングしたい気持ちと戦い、キョロキョロしながら店内を通り抜けました。

目指すはサウス・ベレタニア通りにある「Mai Lan(マイ ラン)」というベトナム料理のお店です!

元気に歩き出したのですが・・炎天下でちょっと暑くて、お腹も空いていたので途中から口数が減っていました。
途中で「ROSS DRESS FOR LESS(ロス・ドレス・フォー・レス)」という可愛くてお安い服や小物がたくさん売っているお店に寄って涼んだりもしました。

思っていたよりも遠くて、ちょっとへばりながらも到着しました!
時間が遅かったのか?お客さんは一組で店内はとても静かでした。そんなことは気にもせず、私達は生春巻き(ゴイ・クン)・ベトナム風お好み焼き(バン・セオ)・豚肉の冷しビーフンを頂きました。

3

ちょっと量が多くて残してしましました・・。


この後はダウンタウンの方へ歩いて行くという予定でした。が、地図を見てみるとここまで歩いて来た距離より長い・・無理!!
タクシーを呼んでもらい、あっという間に目的地に到着です!

「イオラニ宮殿」、「カメハメハ大王像」とご対面しました。

4


「カワイアハオ教会」では日本人が結婚式のリハーサルをしていました。

17


それから歩いて「アロハ・タワー」へ!
時間ギリギリセーフで展望台に上がることができました。展望台からの景色は素晴らしく360度見ることができました。

6


「アロハ・タワー・ショッピングプレイス」でゆっくりお茶をしたり、ショッピングをしました。

11


そして「ワイキキ・トロリー」で快適(?)なドライブをしながら「チャイナ・タウン」などを通り、「ウォード・センター」まで行きました。

「ウォード・センター」、「ウォード・ウエアハウス」でショッピングをして、それからサンセットを見ようと思い「アラモアナ・ビーチ・パーク」を通りアラモアナ・ビーチへ行きました。

13

日没にはまだちょっと早かったのですが、夕日が傾きかけていてとても素敵な色をしていました。

38

ビーチをのんびり歩いて「アラモアナ・ショッピングセンター」へ行きました。

20

そして約1時間ショッピングをして、服と小物を数点購入しました。ちょっと疲れていたようであまり購買意欲が無かったのが残念でした・・。

そして歩いて「ウォード・センター」に戻り、「COMPADRES(コンパドレス)」というメキシコ料理のお店に行きました。

14

かなり流行っていて30分ぐらいの待ちでしたが、ソファーで熟睡していたようです・・。
テラス席をチョイスして開放的な空間で快適な時間を過ごしました。(ちょっと寒かったですが・・。)

37

料理は何かにオススメ!と書いてあったタコ・フィエスタとファジタス(ベジタリアン)を頂きました!

15

確かに2~3人前と書いてありました。が、そこまで量が多いとは・・。
テーブルにも乗り切らないぐらいの量で、見ただけでノック・アウトという感じでした。味はとっても美味しかったのですが、今度は是非4人ぐらいでシェアをして頂きたいな~と思いました。

もちろん全部というか半分も食べられず・・撃沈。お土産に包んでくれると言ってくれたのですが、持って帰っても食べる人も時もないので丁重にお断りをしました。店員さんは本当にいいの?という感じでしたが・・。


満腹度数もマックスで、ホテルまで帰るのも面倒臭いと思いながらトロリー乗り場へ。
この時すでに10時過ぎ・・もうあるはずもないトロリーを待っていたのですが、さすがに来る気配がないので近くのバス停に行ってみました。こちらも来るかどうかわからなかったのですが・・ちょっとしたら来ました!

本当に快適な「ザ・バス」でホテルの近くまで到着!疲れた体を引きずって、お直ししているGパンを取りに「Pineapple County(パイナップル カウンティー)」へ。

本当はD・F・Sへ行きたかったのですが、時間も体力も気力さえもなくて・・。
この日は「The Beach Bar(ビーチ・バー)」にも目をくれずにホテルの部屋へ戻りました・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2005

HAWAII日記 ①

2005年6月3日~7日の3泊5日でハワイへ行って来ました~!

初めてのセントレア(中部国際空港)からのフライトです!

ちょっと早めに仕事を切り上げて名鉄特急で空港へ。空港直結ですぐ目の前まで連れて行ってくれるのでとても便利です。荷物も自宅から送ってあったのでお気軽に空港に到着しました。
友達は乗る電車を間違え、危うく豊橋まで行ってしまいそうだったよう・・。(ひとり旅にならなくてよかった・・。)

無事にチェックインを済ませ、WORLD WINGの携帯電話も受け取り、空港で働いている友達も一緒に4階の「cafe ゆとりの空間」で軽めに食事をしました。

手荷物検査も済んで免税店へ!思っていたよりも規模が小さく、夜遅かったからだと思いますがシーンとしてて寂しい感じがしました。

1

私達は15ゲートから21時発のJALウェイズJO084便でホノルルに向かい飛び立ちました!!

席は窓側ではなくて残念でしたが、明日(今日?)に備えてしっかり爆睡するつもりだったのであまり関係なかったです。
機内食も食べずに目をつぶり寝ようとするのですが、なかなか眠れず(普段はすぐに眠りにつくのに・・。)浅い眠りのまま約7時間半が過ぎました。


現地時間9時半、ホノルル空港到着!やった~!!
眠いはずなのですが、気合いだけは満タンなのでとても元気に出発です!


今回はツアーで参加なので、まずは送迎バスでDFSの4階にあるアロハステーションへ向かいました。
20分ぐらいで到着して、そこで簡単にホテルのチェックインや帰国の日の説明をしてもらい、ワイキキトローリーとDFSのカードを受け取りました。(その後の説明会はご遠慮させて頂きました。)

そのまま(一度1階に下りて階段で)2階のH・I・SカウンターでTUBEのライブチケットをGETしました!ついでに翌日のオプションの申込みもしちゃいました。


時間は11時、チェックインが15時なのでそれまではショッピングをすることにしました。

まずはDFSのすぐ近くにある友達お勧めの「Pineapple County(パイナップル カウンティー)」へ行きました。

34

店内は可愛いGパンやTシャツ、キャミソール、靴、ベルト、バッグ、アクセサリーなどがたくさんあっていきなり倒れそうでした。
欲しい服がたくさんあったのですが、サイズの合うものがなかなか見つからず・・Gパンを1本だけGETしました!


次にDFSの反対側にある「body & soul(ボディー&ソウル)」へ。このお店も可愛い服や小物などがたくさんありました。

35


88TEESは可愛いTシャツがいっぱい!(YAYAちゃんがゴリエのコスプレをしているTシャツを頼まれてたのだけど、サイズが無かった・・。)

7


それからカラカウア大通りをのんびり歩いて「CHANEL(シャネル)」や「L・V(ルイ・ヴィトン)」などのブランドショップの路面店をハシゴしました。
そしてレンタカーの受付の為に「ニッポンレンタカー」へ行きました。
カラカウア大通りはいつでも日本人でいっぱいというイメージがあるのですが、この時は人があまりいなくてとても静かでした。

22


いい感じにお腹が空いてきたので「arancino(アランチーノ)」でランチを頂きました。

39

頂いたのはシュリンプとアボガドのサラダ・モッツェラチーズとバジルのトマトソースパスタ・アンチョビのピザです。デザートにはマンゴーアイスも頂きました。

8


お腹もいっぱいになり、時間もいい感じになってきたのでホテルに向かうことにしました。「COACH(コーチ)や「A・X(アルマーニ・エクスチェンジ)」でショッピングもしてホテルに到着しました。

今回のお宿は「シェラトン・モアナ・サーフ・ライダー」です!

4

ウェルカムドリンクにマンゴージュースを頂き、チェックインをしました。ホテルは昔からの貫禄の感じられ、とても落ち着けました。


しばらく部屋で休憩をしてからライブ会場へ向かいました!

1階のロビーからビーチの方へ出て行くと、とても色鮮やかな空・雲・海が現れました。パラソルやサーフボードそして人達もカラフルでそこにいるだけでとても楽しい気分になりました。

28


そのままビーチを通ってライブ会場の「フォート・デ・ルーシー」へ行こうと思ったのですが、ちょっと時間がかかりそうだったので断念してカラカウア大通りから行くことにしました。

さっき歩いた道を逆に進み、ニッポンレンタカーの角を曲がり進んで行くと「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2005,6,3 IN WAIKIKI」と書いた布があり、たくさんの人達が集まっていました。

40

会場は海岸沿いの広い芝生の公園で約80本のヤシの木が生えていて、海をバックにステージが設営されていました。

24

思っていたよりも規模は小さかったのですが、開放的でハワイでしかできないようなガーデンパーティーのような雰囲気を感じました。

私達はステージの真正面の後ろの方の大きな木のふもとで観戦したのですが、自然が作り出す演出が素敵で、スタッフの心使いも素晴らしく、もちろんライブも最高で、とても感動的でした。

あっという間に約3時間のライブが終わってしまいました・・。(楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうのね・・。)


人波と共にカラカウア大通りを歩き、ショッピングをしながらホテルに戻りました。

どこかにディナーに出掛けようとも思ったのですが、ホテルのプールサイドにある「The Beach Bar(ビーチ・バー)」でゆっくりすることにしました。
ここには名物の大きな木があり、ちょっとしたライブのできるステージもあります。

9

私達はB・L・Tサンド・小海老の春巻き・ポテトフライそして念願のアイス・ココ・コーヒーを頂きました。

10

ちょっと肌寒かったですが、ライブの余韻に浸りながらのんびりゆったりとした時間を過ごすことができました。

部屋に戻ってからは速攻シャワーを浴び、眠りにつきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2005

愛・地球博 part 1

2005年5月25日(水)に世界国際博覧会「愛・地球博」の長久手会場に行ってきました!

a_top


かなり早起きをして出発しました!
久しぶりの地下鉄(乗り換え2回)、混みこみのリニモと乗り継いで万博会場に到着した頃にはぐったりでした・・。
開演の30分まえに到着したのですが、既にたくさんの人が入口に並んでいました。

人気のパビリオンはすぐに整理券がなくなってしまうので、あらかじめ情報を集めて独自の攻略法を考えました。朝9時開演で、私達が入ったのが20分ぐらいなのかな?計画通りに人気のパビリオンへ走って(注意されながら)向かいました。が、それでも遅かったよう・・。「本日の整理券は終了しました~!」というアナウンスが・・。「トヨタグループ館」は諦めることに・・。
とりあえず整理券は諦めて、並ぶしかない「日立グループ館」に並ぶことにしました。その間に「三井・東芝館」の予約券をGETしたのですが、時間が微妙・・。せっかくの予約も諦めて並び続けました。

1

そして並ぶこと2時間(長かった~・・。)、いよいよ入館です!
始めに写真を撮って、名前を登録します。それからICチップ(?)の組み込まれた機械を手渡されて進んで行きました。それを館内の設置されてる装置に近付けるとさまざまな映像を見ることができるという仕組のよう。

それからいよいよメインのアトラクションです!
4人一緒に横向きに座る乗り物に乗り、双眼鏡のような機械を覗きながら進んで行きます。映像のふくろうが案内をしてくれるのですが、見えているものが実際にあって本当に触れそうな感覚になったり、自分の顔が現れたりと楽しませてもらいました。
出口でも顔が合成された写真を見ることができますし、後日パソコンでも見ることができるようです。
想像以上に面白くて2時間並んだ辛さを忘れることができました。貴重な体験ができてよかったです。

それから「三井・東芝館」に行ってみたのですが、やっぱり1時間半~2時間待ち・・。やっぱり諦めて外国館の方へ行くことにしました。一言で外国館と言ってもすごくたくさんありますが・・。

歩いて行くと橋のようなところから下の方を見渡すことができました。国旗が掲げてあり、緑いっぱいの敷地にはステージも作られていて気持ち良さそうな空間が広がっていました。
そして上には「キッコロ・ゴンドラ」が通っていました。

2


さらに進んで行き、「グローバル・コモン1」というアジアの外国館が集まっているエリアに行きました。まずは「イエメン館」から入りました。たくさんの民芸品(?)のアクセサリーが売っていたり、2階では休憩スペースや食事のできるコーナーもあり、たくさんのお客さんで賑わっていました。

7


それから「サウジアラビア館」、「カタール館」、「イラン館」を覗き、「グローバル・コモン2」のエリアへ向かいました。


そして「メキシコ館」へ。同じ外国館でも国によって力の入れ方などが全く違うようで・・まだ完成していない館もあったりします。「メキシコ館」はとても完成度が高く、館内はとても居心地が良く、ヒーリング効果がありそうな雰囲気です。

3


そして併設しているレストランでタコスなどを頂きました。美味しかった~!

4


入口にはとても陽気なメキシコ人がいて大きな帽子をかぶり一緒に写真撮影をしてくれるのですが、その人の表情が面白くて見ているだけでも楽しい気分になれます。やっぱりメキシコは陽気な国なんでしょうね~?

9


それから「ドミニカ館」、「アンデス共同館」、「中米共同館」へも行きました。「アルゼンチン館」ではタンゴのダンスを見ることができました。


そして20分ぐらい並んで「カナダ館」へ入りました。前評判が良くて期待をしていたのですが、きれいな映像を見るだけなので眠たくなってしまいオーロラの映像を見ながら寝てしまいました・・。

8


それから行ったのは「中国館」!ここはとても上品で素敵だったのですが、中国っぽさが全くと言っていいほど無かったような気がします。

6


最後に行った「韓国館」はチマチョゴリを着たきれいな韓国の女の人がたくさんいたのが印象的でした。そしてヨン様のパネルもありました・・。もちろんそれだけでなくいろいろと考えてあるな~と思いました。

5


この日は早く帰らなければならなかったのでここまでです・・。4時ぐらいに後ろ髪を引かれながら会場を後にしました。
まだまだ5分の1も周れていないので、また近々遊びに行きたいと思っています!!

パスポートを持っている友達がいて10回ぐらい行ってるようなのですが、それでも全ては制覇できていないようです・・。
恐るべし万博!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2005

あじさいの里 ♪

2005年6月13日(月)、愛犬ロンちゃんを連れて愛知県蒲郡市にある「あじさいの里」へ行きました!

今回で3回目の「あじさいの里」です!
1回目は遅すぎて枯れていました。2回目は早すぎてあまり咲いていなかったです。
今回は3回目の正直でしっかりと日取りを考えて計画をしたのですが、天気にも恵まれて最高のあじさい日和でした。

いつものことなんですが、ロンちゃんを連れて外出するのは大変です・・。車が苦手なのです・・。
でも留守番させられるのはもっと嫌のようで、ちょっとでも出掛ける素振りを見せると大変なことに・・。吠えまくり、暴れまくり、離れようとしません。玄関に近付こうものなら先回りして待っています。頭がいいのか?悪いのか?

出発です!
おとなしく寝てればいいものをかなりの興奮状態でしばらく車の中を駆け回っていました。そんなに暴れたら疲れちゃうだろうに・・。案の定しばらくしたらおとなしくなっていました。

車は知多半島の方から衣浦海底トンネルを通って向かいました。海の底にトンネルがあるなんて凄いですね~。
国道247号線から三ヶ根山スカイラインに入りました。登って行く道の両側に満開のあじさいがいっぱい咲いていました。思わず運転をしながじょうらも見とれてしまいました。頂上付近まで行くと景色も素晴らしく、とても気持ちが良かったです。

0


この辺りまで来るとおとなしくなっていたはずロンが吠え始めて「降りたいよ~!」と叫んでいました。ちょうど展望台があったので、車を停めて散歩をしました。


スカイラインの出口から形原温泉の方面へ5分ぐらい走ると「あじさいの里」に到着です!
ちょうど「あじさいまつり」が開催中で、約5万本のあじさいが夜9時30分までライトアップされるようです。
一面満開に咲いているあじさい達の姿が飛び込んできました。あじさい・アジサイ・紫陽花って感じで、斜面になっているところに見事に咲いていました。

1


あじさいの間を上がっていくと補陀ヶ池という大きな池があります。池の周りにもたくさんのあじさいが咲いていました。

2

ロンも大喜び(?)

3


池の横の道には「日本のあじさい展」と題して珍しいあじさいの鉢植えが展示してありました。「ジューンブライド」や「ブルーハワイ」といった変わった名前の付いたものもありました。

4


池の向こう側まで行き、売店でみたらしを頂きました。そして反対側を通って戻ろうと進んで行くと、もっと奥の方に色ごとに植えられたあじさいのコーナーもありました。


公園のすぐ横の補陀寺にも見事なあじさいが咲いていました。

5


いっぱい歩いてご機嫌のロンでしたが、さすがに疲れたのか帰りの車では助手席の足元で眠っていました。
ただウインカーには敏感で(駐車して置いていかれると思うのかな?)曲がる度に起きて、吠えて、暴れていました。
トホホ・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 03, 2005

東京ディズニーシー!

2001年11月15日に千葉県浦安の「東京ディズニーシー」へ行きました!


新幹線に乗り名古屋を出発してお昼前に浦安に到着しました。
まずは宿泊する「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」へ行きチェックインをしました。フロントに大きなクリスマスツリーがありました。

00114135

駅からホテルまではミッキーマウスの形のシャトルバスで行ったのですが、窓も吊革もミッキーも形になっていてとても可愛いかったです。
今回はなかなかホテルが取れず(取るのを忘れていたという話も・・)無理やり2日前に知り合いにお願いをして確保することができたのです・・。よかったよかった。

クリスマスイルミネーションのシーズンだからなのか「ディズニーランド」も「ディズニーシー」も入場規制がかかっていましたが、私達は宿泊するので規制にかからず入場することができました。(先にチェックインしてよかった・・。)

「ディズニーランド」は何度か行ったことがあるのですが、「ディズニーシー」は始めてだったのでとても楽しみでした!
メインエントランスには大きな地球儀があったのですが、それだけで嬉しくなり入場する前から興奮していました。

6542419565f1

まずは「アメリカンウォーターフロント」という華やかなシアター街や豪華客船が停泊するニューヨークと素朴な漁村ケープコッドという20世紀初頭のアメリカの対照的な2つの港町を再現したエリアに行きました。
街並みはとても可愛く華やかな雰囲気があり歩いているだけで楽しい気分になりました。
私達は「ニューヨーク・デリ」でランチをしました。

それからランプの魔人ジーニーが作り出した「アラビアンナイト」の物語の世界を再現したエキゾチックな雰囲気いっぱいの「アラビアンコースト」というエリアへ行きました。そして「マジックランプシアター」でマジックショーを楽しみました。

それから「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」という船に乗ったり、「ホテルミラコスタ」でお茶をしたりしながらのんびりと園内を周遊しました。

d13

そして夕方になりお客さんが少なくなってから、ほとんど待つことなく「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」に乗りましたが。これはかなり面白かったです。

s_disn218

それから「ストームライダー」に並んでいたのですが、ちょうど入る前に花火が上がり、見ることができました。綺麗だった~。
「ストームライダー」も想像以上に素晴らしく感動しました。
最後は閉館ギリギリに「海底2万マイル」へ行きました。これは何なんだかよくわかりませんでした・・。

今回は楽しみにしていた「センター・オブ・ジ・アース」が調整中で乗ることができなかったので残念でした。
今度行くことがあったら絶対に乗りたいと思いま~す!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »