« いちご狩り♪ | Main | 九華公園 »

October 10, 2004

白川郷

2003年11月3日、岐阜県白川村の白川郷に行きました~!

紅葉を満喫する為に今年は世界文化遺産の「白川郷」に行くことにしました!
一宮インターから名神高速に乗り、東海北陸自動車道へ。朝から小雨が降っていたのですが、走っていたら途中からすごい霧が出てきてもう1m先も全く見えないぐらいになりました。超徐行で走っていたのですが、とても幻想的でどこか違う世界に行ってしまうのではないか・・という感じでした。しばらくして荘川インターに着く頃には霧もおさまりました。

荘川インターを降りて少し走り、R158沿いの桜花の湯という温泉のある道の駅荘川に寄りました。そして屋台で飛騨牛の牛串を頂きました。
R158からR156に入り一本道を進んで行きました。かなりの山道で曲がりくねった道や細い道などあり大変でした。山々は紅葉していて、晴れていたらすごくきれいなんだろうな~という感じでした。

インターを降りて40分ぐらいで目的地に到着しました!名古屋からは3時間ぐらいかかったのかな?途中すごい霧だったからな・・。まずは昼食を頂くことにしました。萩町にある「やまこし」というそば屋さんが美味しいと友人から聞いていたので場所もわからなかったのですが探してみました。ガソリンスタンドのお兄さんに聞いてあっさり見つかりました。が、ちょっと時間が遅かったようで売り切れてしまってました・・。残念・・。

気を取り直して白川郷へ行きました。車を停め、近くのそば屋さんに入りざるそばを頂きました。かなりお腹は空いていたのですが美味しくなかったです・・。とりあえずお腹もいっぱいになり歩き出しました。どうにか雨は止んでいました。
古い町並みが続きタイムスリップしたような感じがしました。国指定重要文化財の「和田家」を外から眺め、「神田家」も遠くから眺めながら歩いていると公民館のようなところで「山下清 原画展」がやっていました。一緒に行ったメンバーの中に山下清が実在の人物だと思ってなかった友達がいてとてもビックリしました。友達を止めようかとも思っちゃいました・・。とりあえず素通りをしてさらに進み、「であい橋」に行きました。紅葉を見に来たことを忘れかけていましたがここからの景色はとても素敵でした。晴れてたらな~・・。

橋を渡り、「野外博物館 合掌造り民家園」へ足を運びました。ここは9棟の県重要文化財を含む合計25棟の民家や炭焼き小屋、水車小屋などが集落のように点在し、すべて昔のままに保存公開されています。絶滅品種の木曽馬もいました。江戸時代中頃からの民家を移築して保存されているようです。
のんびりと園内を歩きながらいくつかの建物には靴を脱いで上がり見学しました。昔の人は合掌造りの家で、冬は囲炉裏で暖をとり、わらを敷き詰めた布団で寝ていたそうですが・・寒そうですよね。

民家園を満喫した後は、近くの茶屋で暖かいお茶を頂き、お土産も購入しました。そして気合を入れて(この頃には雨も降ってきて冷え込んできました。)駐車場のある集落の方へ戻ることにしました。

橋を渡って歩いていると、行きに素通りした「山下清 原画展」の看板がありました。ちょっと気になったので寄ってみることにしました。たくさんの貼り絵の作品が展示され、エピソードや写真も紹介されていました。小さい作品から大きな作品までいろいろありましたが、私は花火大会を描いた作品と、ひまわりを描いた作品が気に入りました。山下清画伯は「裸の大将」の芦屋雁之助だと思っていた友達もよくわかったようで喜んでいました。よかったよかった・・。

「白川郷」は1995年に世界遺産に登録されたそうです。屋根の葺き替えは30年から40年ごとに4月上旬に村人総出で作業を行い、秋には火に弱い合掌造りを守るため一斉放水が行われ、この豪快な風景は秋の風物詩ともなっているそうです。

|

« いちご狩り♪ | Main | 九華公園 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41668/1553586

Listed below are links to weblogs that reference 白川郷:

« いちご狩り♪ | Main | 九華公園 »